タイの事件と被害事例(法解説)

タイに住む日本人やバンコクの歓楽街で遊びタイ旅行から帰国した日本人の中には、「何かおかしい!?」と性病検査に駆け込む人も多いと言われますが、タイはエイズをはじめとする多くの性病が蔓延しています。そんな性病を移した移されたで慰謝料請求をされたHさんの事例と伴に「性病感染に関する慰謝料」について法解説します。
タイ・バンコクの路上で声を掛けてくるストリート詐欺の被害者は、毎年、詐欺師らの様々な新しい手口により被害者が後をたちません。このストーリーは、トンロー駅付近で、ある日本人男性が実際に経験した美人外国人から受けた詐欺被害です。
タイのバンコクでは、特にここ数年、店員やツアーガイドになりすましたタイ人により、居酒屋等において日本人の宴会の場を狙った詐欺被害が多く寄せられている。詐欺師は店に入り込み、団体客が店に支払うべき飲食代を騙し取る。ここではその詐欺の手口の一例と店と団体客の一部始終をご紹介する。  
日本人男性Yさんは、タイでパートナー探しをするソーシャルネットワークで素敵な日本人女性と知り合った。何度か会ううちに、30万バーツの支援の話を持ち掛けられ、彼女を助けるため支援を行い心を掴もうとするのだが…。
「やっぱり購入をやめたい!」場合のクレジットカードの支払いキャンセルってできるの? タイの観光地や繁華街で、外国人を待ち構えているトゥクトゥクやタクシー。彼らが必死に連れて行った店で強引に迫られ商品を購入してしまった場合、購入した商品の支払いキャンセルは、はたして可能なのか!?
特に旅行者の中で、タイでパスポートの紛失や盗難被害に遭うケースが多く、失くしたパスポートから2次被害に発展する場合もあります。改めて注意喚起と伴に、紛失・盗難を防止するための注意点及び紛失時のお問い合わせ電話番号も、こちらから確認できます。
タイ・バンコクで実際に起きた店舗物件のとんでもないトラブルの事案を例に、書面での取り交わしや契約書の重要性と、被害に遭わない為の注意点について、更に被害者になりやすい人の特徴と共通点についても解説する。
タイで商取引をする際や取引先がタイ企業の場合などでも、まだまだ小切手を切って支払いをしている企業も多く、そうした企業との商取引や決済の際に一歩間違うと「入金がされない」問題が起きてしまうことがあります。 ここでは、タイでの商取引や決済で小切手を切る場合の注意点と2つの原則について解説します。
タイのバンコク商業エリアでの商用物件や店舗の賃貸契約で、家主や仲介業者とのトラブルが絶えません。契約内容が完璧だと思っていても、思わぬところで事件は起きます。少しでも被害を少なくするには、契約書内容に更に補足事項を付け加えて貰ったり、特約を付けて貰うなどの事前措置が必要です。では、実際にどの様なトラブルが起きているのでしょうか。
タイ、特にバンコクでは軍事政権下になった現在でも「偽警察官」によっての金銭要求(罰金詐欺)が、未だ無くなっていない。法律規制の変化と伴に、その詐欺の形も時代によって変化している。では、実際に偽警察官に遭遇した時には、どのような対策を取ったらいいのだろか。

さらに表示する