タイで日本人女性に30万バーツ騙されました【日本人男性 Yさんの事例】

 

タイ在住の日本人女性にも騙されないようにご注意を!

 
タイでの1人暮らしは寂しいですよね。パートナー探しをする交流サイトで出会ったタイ在住の日本人女性には特に注意が必要かもしれません。
 
私は、パートナー探しの異性紹介の日本語サイト(会員制)に登録して、タイに住んでいる女性を条件に待っていると、何と素敵な日本人女性から声が掛かりました。

 

早速、顔合わせをすることになり、指定のレストランに行くと想像通り素敵な独身(離婚)女性でした。大分年齢差があるので心配していましたが、それでもOKとのこと。


何回か会っているうちに、その日本人女性は、現在は職探しとして新しいブログの仕事の準備中だから、「その初期投資に30万バーツが掛かる」という話が出てきました。また、同じサイトで知り合った他の男性から、何と、100万バーツ援助するとのオファーをもらったとまで話す次第でした。但し、「お金で私の心は買えない」とのある種の殺し文句。

結局、私は真っ先に「この競争相手に負けたくない」と思い、支援として30万バーツを彼女に渡して、気持ちを引き付けておこうと考え実行しました。これが男の悲しい性と間違いの始まりでした。

金を渡した時、彼女は「今後、毎月最低1回はデートするから」と彼女は約束しましたが、いつになってもデートの日取りが決まらず延び延びとなってきてので、私はイライラして、とうとう彼女が嫌だと言っていた電話をしてしまいました。

ところが…電話をすると、いつも留守番電話で一向に本人はでません。Lineでは時々連絡が来るのですが、先方から連絡が来ることは一切なく、いつも私から送ったLineのメッセージに対し、数日置いてから返信がある程度です。

ついに、数か月が過ぎていき、私はようやく騙されたことに気が付きました。しかし、相手の住所等の所在地は教えてもらっていません。どうやって彼女を見つけ出すか?探偵でも雇わない限り無理ですよね。

 

彼女には、契約書も書いてもらっていませんでした。相手のバスポートやビザ、それらのコピーでも私が持っていたら、入管管理局に頼んで探すことも可能だったのかも知れませんが、それすらも無く何もできませんでした。

 
また、彼女を見つけ出したとしてもどうやって被害を証明するか? 証拠が何もなければ、警察にも法律事務所にも相談できないでしょう。
 
タイ人女性に騙される事例は数多くあるようですが、このように、タイに住んでいる日本人女性にも大いに注意しなければならないと思う今日この頃です。

タイ在住 日本人男子Yより

 

 

※上記、実際に起きた事実を基に執筆された事例ですが、個人情報保護法の観点から一部修正をしてあります。

 

金銭の受け渡しは、それがどんな相手でも同じです。あげるつもりではない限り、お金の受け渡し時には契約書や相手の身分証明をしっかり保管しましょう。