タイでのネット誹謗中傷・風評被害や名誉毀損問題について解説しています。掲示板、口コミサイト、ブログ、SNS、関連キーワードなどで書き込まれ,拡散した悪質な投稿、事実無根の誹謗中傷や個人情報に対して、発信者情報開示や悪口・誹謗中傷・風評被害の削除請求・SNS・掲示板対対策など、ネットでの風評被害や誹謗中傷に遭ってしまった際の解決までのステップや発信者情報開示の流れなどを解説しています。
駐在員の妻から受ける法律相談と探偵の調査依頼の中で、駐在員の浮気・不倫でよくあるケースをお伝えすると伴に、浮気や不倫に対する「損害賠償請求(慰謝料請求)」を旦那や不倫相手へどのように行うのか、タイの法律と日本の法律の違いについても触れていきます。また、法を介しての離婚や慰謝料請求の際に必要となる事実証拠の在り方についても解説します。

単身赴任でタイに来ている夫の妻(日本で待つ妻)も、タイで一緒に赴任してきている妻も気になるのが、「夫のタイ人女性との浮気」です。接待や遊びで行く夜の繁華街や風俗でタイ人女性と知り合い、夫はそのままその女性にのめり込み離婚に至るケースも少なくありません。のめり込んで安易に決断した夫側も、一次的な感情で離婚を決断してしまった妻も、後々、離婚してしまったことを後悔する事例もたくさんあります。まずは、焦って決断する前に確実な状況判断が必要だと言えます。

日本人男性Yさんは、タイでパートナー探しをするソーシャルネットワークで素敵な日本人女性と知り合った。何度か会ううちに、30万バーツの支援の話を持ち掛けられ、彼女を助けるため支援を行い心を掴もうとするのだが…。

特に旅行者の中で、タイでパスポートの紛失や盗難被害に遭うケースが多く、失くしたパスポートから2次被害に発展する場合もあります。改めてパスポートの紛失や盗難を防止するための注意喚起をするとともに、紛失時の手続きや各機関へのお問い合わせ電話番号も記載しています。

タイのバンコク商業エリアでの商用物件や店舗の賃貸契約で、家主や仲介業者とのトラブルが絶えません。契約内容が完璧だと思っていても、思わぬところで事件は起きます。少しでも被害を少なくするには、契約書内容に更に補足事項を付け加えて貰ったり、特約を付けて貰うなどの事前措置が必要です。では、実際にどの様なトラブルが起きているのでしょうか。

タイでも、時代とともに犯罪や詐欺の手口が年々変わってきています。特にここでは、タイで不動産投資を考えておられる方や、現地に密着して生活されている方、ロングスティビザでタイに在住されている高齢者などに起こり得る詐欺犯罪の手口について触れていきます。

タイ在住支援法律事務所では、タイにある遺産に関する遺言書作成、遺言執行などの遺産相続に関する手続きを行っています。遺産を巡りあるタイ人女性の悲しいストーリーから学び、あなたの人生で今解決しておくべき事を、あなたの大切な人のためにしておきましょう。結婚して子供を持ち、将来自分(又は相手)に先立たれてしまった時に、あなたや大切な家族にも降りかかる大切な問題です。そして、自身の死後に必要な遺産相続の準備や事前措置として遺言書の作成を必ずしておくことをお勧めします。

タイで犯罪や詐欺被害に遭う日本人は、決してタイ人から被害に遭うだけではなく、日本人から騙されたという事例も多く存在しています。現地に暮らす日本人だけでなく、タイで旅行に来た際、タイ現地で知り合った日本人に騙されてしまうケースも多く存在しています。このような、日本人が日本人を騙す詐欺被害では、被害額も大きいことも特徴です。

軍事政権の樹立以降、労働ビザ・労働許可証の取得条件が厳しくなっている現状があります。取得条件の確認を吟味に行った上、必要書類を確実に取りそろえていくことが求められています。就労後や起業後も必要契約書の縦鼻や取り交わしにも十分な準備がないためにトラブルに繋がるケースも増えているので注意が必要です。

さらに表示する