刑事事件で被害者になった場合、初期段階で示談をすることのメリットは何でしょうか。 民事裁判だけでなく、消費者事件や刑事事件における「示談」とは、一般に「事件を起こしてしまった加害者側が、被害者側と話し合って、事件を合意によって解決すること」をいいますが、示談交渉に伴い、事件によって生じた損害や慰謝料の損害賠償を行うのが一般的です。ここでは、示談解決するメリットについて解説します。
未婚のままタイとの間にお子さんを持たれている方の中で、親権について悩んでいる方が多く居られます。タイ国籍と日本国籍を有するには、どうしたらいいのか。「単独親権」と「共同親権」の違いや、その際の手続き方法について解説しています。
タイで会社設立をして起業をしたが、経営が立ち行かなくなり資金も底をついてしまった。タイで会社の閉鎖をする際の必要なステップと、清算決算や廃業手続きを怠った際のタイの刑法について解説します。
裁判を起こすときには、弁護士に着手金と成功報酬(両者をあわせて弁護士費用といいます)を支払うことになりますが、民事事件を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用は、民事裁判に勝訴した場合、弁護士費用は負けた方に支払わせることができるのか?弁護士費用は、裁判で負けた方が支払うと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、タイだけでなく、日本の制度においても民事訴訟で弁護士費用を負担するのは基本原則として、それぞれ委任した人(依頼者)になります。タイの制度の原則や例外、なぜ、そのような制度をとっているのか弁護士がコラムで解説します。
何を基準に弁護士を選ぶべきかの一つに弁護士費用(費用対効果)が重要な判断要素になると思います。弁護士を依頼される際の費用対効果とは、 経済的利益をを生み出したり、弁護士費用をかけたことによって、どのくらいの効果が期待できるのかを判断する必要があります。弁護士に債権回収をご依頼される場合、「費用倒れにならないか」「高額の弁護士費用を支払った結果、債権回収を依頼するメリットは小さいのではないか」という疑問や不安を抱かれるのではないかと思います。費用対効果を相談者に提示し考えるのも弁護士の仕事です。タイでの事件、問題解決の際の弁護士のご依頼の際は、是非、この費用対効果についてもご相談ください。
タイで起業、会社を設立されても多くの企業が失敗してしまう原因の一つに人材確保があります。人材確保はできてもタイ人社員の扱い方が問われています。どうしても日本式に管理したがる日本人と、それに適用しないタイ人との異文化摩擦をどう解決していくかが、タイでの起業の成功の大きな鍵となります。
問題やトラブルが起きた際、法律事務所を訪れ法律相談をしっかり受けたり、弁護士依頼るをすることを考えずに、法律が絡むような問題を自力でなんとかしようとした際、どのようなデメリットやリスクが伴うのか、また、多くの場合、どのような結末になりがちか、纏めてみました。
タイでトラブルや問題を抱えてしまった際、弁護士に相談・解決の依頼するメリットとは何でしょう。これまで、多くの相談者を抱え、 法律相談を行ってきたタイ在住支援法律事務所から、弁護士介入した時のメリットと、弁護士を入れずに、自分で問題解決に当たるリスクやデメリットを解説します。
弁護士との法律相談や打ち合わせ段階で、依頼者が「自分自身に不利な点」や「恥ずかしいから言いたくない」という理由から、事実を隠したり、嘘をついたりということが結構あります。その結果、最悪の場合、とんでもない結末になってしまう事があるのですが、そんな事態を避ける為にも、ここでは、依頼者に取って良いことも悪いことも含め、弁護士が真実を知って受任を受けることの重要さと、それが依頼者の利益に繋がる理由にについて解説します。
タイの刑事裁判所で実際にあった思わぬ「逮捕劇」を例に、刑事裁判の流れを説明すると伴に、タイで弁護士を依頼する際に注意したいことについて、解説を挟みながら紹介しています。事件に巻き込まれたり、弁護士が必要になった際は、是非、参考にしてもらいたい。

さらに表示する