タイの法律や手続きに関する解説

刑事事件で被害者になった場合、初期段階で示談をすることのメリットは何でしょうか。 民事裁判だけでなく、消費者事件や刑事事件における「示談」とは、一般に「事件を起こしてしまった加害者側が、被害者側と話し合って、事件を合意によって解決すること」をいいますが、示談交渉に伴い、事件によって生じた損害や慰謝料の損害賠償を行うのが一般的です。ここでは、示談解決するメリットについて解説します。
裁判を起こすときには、弁護士に着手金と成功報酬(両者をあわせて弁護士費用といいます)を支払うことになりますが、民事事件を弁護士に依頼した場合にかかる弁護士費用は、民事裁判に勝訴した場合、弁護士費用は負けた方に支払わせることができるのか?弁護士費用は、裁判で負けた方が支払うと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、タイだけでなく、日本の制度においても民事訴訟で弁護士費用を負担するのは基本原則として、それぞれ委任した人(依頼者)になります。タイの制度の原則や例外、なぜ、そのような制度をとっているのか弁護士がコラムで解説します。
タイで亡くなったAさんの事例から、タイでの遺産整理や遺言執行について解説する。最近では、タイでの投資や財産を保有、また、日本から移住して来て生涯を終える日本人も多いのだが、タイに不動産や財産を所有していて、自分が亡くなった後、残された家族や遺産相続人はどのような手続きを踏む必要があるのか?
タイに90日以上続けて滞在する長期滞在者は「90日レポート」の提出が義務付けられていますが、更新の際にイミグレーションで足止めをされるケースが増えているので注意が必要です。政権が変わってからというもの、入国管理局のチェックはますます厳しくなってきています。
タイのスワンナプーム空港やドンムアン国際空港へ到着した時に、免税品、特にタバコやアルコール類の規定量オーバーで超過課税料を徴収される日本人が後を絶ちません。時には15万バーツもを徴収された事例まであります。事例と併せて「免税品購入後に気を付けておくこと」を解説します。
タイで車やバイクを乗られる方は注意!いざという時、あなたの保険は大丈夫ですか?ご自分のかけている任意保険はどこの会社か把握していますか? タイでは、保険請負業者や保険の外交員の保険料着服が多く見られます。自賠責保険加入時の注意点と騙されない為の予防と対策について解説します。
あるタイ人女性の悲しいストーリーからの学び。あなたの人生で、今解決しておくべき事とは? 結婚して子供を持ち、将来自分(又は相手)に先立たれてしまった時に、あなたにも起きてしまうかもしれない問題、そして、それまでに必要な準備や事前措置とは何でしょうか。
日本人男性にタイ人の彼女ができ、結婚の約束もした上で、「田舎の実家付近に家が欲しい」とせがまれ、土地付き家屋を購入。 そのパターンから起こるリスクと実際に起きた問題事例とは、どんなケースがあるでしょう? タイでの外国人によるコンドミニアム購入及び、土地付き物件購入に関する基礎知識をを併せて解説します。
タイ人にお金を貸したが戻ってこない!返す様子もなさそう・・。終いには貸した相手に「逆切れされた」「連絡が途絶えた」なんて結末。しかし、何故そんなことが頻繁に起きるのでしょうか? タイでよく耳にする「タンブン」、この言葉との関連性とは?そして、 「貸したお金が返ってこない!」なんてならない為にはどうしたらいいのでしょうか?その対処法と注意点を添えて解説しています。