労働法務 と 顧問弁護士 契約

【顧問弁護士・労務に関するお問合せ】

   

 タイ国内から     091-068-8203

 

 日本または海外から  +66-91-068-8203

 

 ภาษาไทยタイ語) 083-008-9411


顧問弁護士契約について

顧問弁護士、労働法務、

タイで事業を営み労働者を雇用していく上で、タイの法律を理解しないないまま、独自の判断で様々なことを進めてしまうと後々取り返しの付かない大問題に発展することがあります。

 

その為、タイ在住支援法律事務所では、タイで活躍する日系企業や新規参入企業に対し、顧問弁護士の派遣を行っています。

 

顧問弁護士を利用するメリットの一つは、タイで想定される問題への事前措置ができ、タイの労働法に関する法的助言が優先的にいつでも受けられ、トラブルを未然に防止できる点にあります。そのため、問題が大きくなるのを未然に防ぐためにタイ人弁護士と相談しながら進めることが重要です。

 

また、しっかりと対策をしていれば、労働者との問題や取引先などとトラブルが発生してしまった場合でも、被害を最小限に抑えることが可能になります。ビジネスを進める上でのリスクを回避するためにタイ人弁護士と日本人の法的専門家がチームで連携して企業を守ります。

 

また、顧問弁護士は日ごろから、企業が行っている業務内容や会社の体制、タイ人従業員を熟知していることから、適切な助言ができます。社内の風紀改革、会社内のシステムの改善や規則の改定、特にタイ人従業員への管理体制の見直しは重要になります。また、従業員からの不当解雇の訴えや残業代の訴えや、時には、労働者らからストライキを起こされた場合の対応や回収できない不良債権の発生なども考えられます。また、事業を運営していく上で沢山の契約書を作成する機会があると思いますが、書類に不備があった場合等は、後々、問題に発展しかねません。しかし、顧問弁護士がいれば、契約書の不備や不正によって生じるトラブルを未然に防ぐことができます。

 

 

  【顧問弁護士を雇うメリットについて】

  • 優先的に法的アドバイスが得られる
  • 想定される問題への事前措置
  • 契約書の不備や不正のトラブルを防げる
  • 会社規則や管理体制の改定・見直しができる
  • 訴訟に発展した場合も被害を最小限にできる

 

 

企業に必要な労働法務

 

タイでビジネスや会社を発展させるためには、様々な問題が起きた時にタイの法律やライセンスの問題をクリアしている必要があります。消費者からのクレームなどの不測の事態は付き物ですが、労働問題のような法的トラブルは、未然に防ぐことが可能です。労働法務の目的は、労働者との問題発生や紛争を未然に防ぐために、企業が人事や労務に関して、日ごろから整備しておかなければならない分野です。

 

タイで会社を設立後、労働者を雇ったにも関わらず、就業規則を整備していない、

人件費を削減するために給与体系を変更したいが、どのような手続きをしたらいいか分からない、解雇したい問題の社員がいるが、どのように進めたらいいか分からない等、様々な問題を整備していかなければなりません。このように、企業にとって、従業員との労働問題は、悩みが尽きない分野の一つだと思います。

 

また、実際に労働問題に関するトラブルや社内紛争が発生してしまった場合、迅速に解決しなければ、対象の労働者に労働省に駆け込まれて訴えられたり、労働裁判まで発展してしまい、そうなると、時間的にも金銭的にも企業の負担が大きくなってしまいます。それだけではなく、他の従業員との関係性や、社会的な会社の信用に影響を及ぼしてしまうことも考えられます。

 

そのため、労働問題に関する紛争が発生していない段階で、日ごろから、弁護士との関係を持ち、タイの労働法を意識して人事や労務に関する社内の体制をどのように整備しておくか、弁護士とよく相談した上で、常に、労働問題が発生するリスクを低減させておくこと、また、実際に労働問題に関する紛争が起きてしまった場合にも、日ごろから、弁護士に相談をして整備しておけば、万全な対応を迅速に行うことができます。

 

また、個人情報の漏洩や情報の拡散などの会社の危機管理や不祥事に対し、事前に社内規程やマニュアルを整備しておき、問題が発生した際には迅速かつ適切に対応することができる体制を作り上げておくことが重要です。このような、瞬時にして企業の信用に重大な影響を及ぼすトラブルが起きた際にも、日ごろから、弁護士が関与していることでダメージを最小限に抑止することができます。

 

タイにおける日系企業は、雇用契約書や就業規則、賃金規程をはじめとした就業規則に附属する各種規程や、社内のマニュアル等、広範かつ多岐に渡って整備しておかなければなりません。このような書面は、労働問題に関する紛争が発生してしまった場合に、労働裁判所が重視する、会社にとって最も重要な書面となります。

 

そして、事前に社内の体制を整備しておいても、不祥事等の問題は、瞬時に発生してしまう場合もあります。そして、問題が発生した時に対応が遅れたり、問題の初期段階で適切な対応を取ることができなければ、役員が経営責任の追及をされたり、最悪な場合、企業の生命へも影響を及ぼす重篤な問題に進展する恐れさえあります。そうなると、最終的には、企業価値を著しく損なってしまい取り返しのつかない事態になってしまうことさえあります。

 

ですが、弁護士は、トラブル発生時から法的に意味のある真実とそうでない事実をよく検討し、迅速かつ的確に事実関係を精査し、客観的な立場から措置を検討することができます。タイで日系企業が発展していくためには、危機管理や不祥事の対応についても、弁護士の法的な専門性と客観性に基づいた指導・助言を得ることが重要です。また、弁護士は、紛争解決の専門家ですから、問題が発生してしまった場合にも、迅速かつ適切な対応ができます。

 

タイ在住支援法律事務所には、労働問題を専門的に扱うチームが存在していますので、多数の労働紛争を処理してきた豊富な経験から、会社の危機管理や不祥事等を踏まえてトラブルが発生するリスクを最小限にし、民事、刑事を問わず多面的に発生する労働トラブルに対し、包括的かつ迅速に対処することができます。

 

雇用契約書や就業規則の内容についても、紛争のポイントを踏まえた上で、紛争が発生するリスクを軽減させる内容に改訂し、会社の経費削減等も視野に入れたアドバイスと経営者の労働問題に関するお悩みに答え、社内体制を構築することにむけたサポートができます。タイ在住支援法律事務所の顧問弁護士契約は、企業様の規模や業務体系、ニーズに合わせた内容でのご契約が可能です。お見積りは無料です。お気軽にご相談下さい。

 

 

 

✉メールでのお問合せはこちら