【顧問弁護士・労務に関するお問合せ】

   

 タイ国内から     091-068-8203

 

 日本または海外から  +66-91-068-8203

 

 ภาษาไทยタイ語) 083-008-9411


顧問弁護士 契約

 

   【顧問弁護士を雇うメリットについて】

  • 優先的に法的アドバイスが得られる
  • 想定される問題への事前措置
  • 契約書の不備や不正のトラブルを防げる
  • 会社規則や管理体制の改定・見直しができる
  • 訴訟に発展した場合も被害を最小限にできる

 

顧問弁護士を利用するメリットの一つは、タイで想定される問題への事前措置ができ、タイの法的助言が優先的にいつでも受けられ、法的トラブルを未然に防止できることです。

 

タイの法律が分からないまま、独自の判断で進めると後々取り返しの付かない問題に発展する危険性があります。そのため、問題が大きくなるのを未然に防ぐためにタイ人弁護士と相談しながら進めることが重要です。また、しっかりと対策をしていれば、訴訟に発展した場合でも被害を最小限に抑えることが可能になります。ビジネスを進める上でのリスクを回避するためにタイ人弁護士と連携しビジネスを進行させます。

 

また、タイで行っている業務内容や会社の体制、タイ人従業員を熟知する所から適切な助言が得られます。社内の風紀改革、システムや規則改定、特にタイ人従業員の管理体制見直していきます。また、従業員からの不当解雇の訴え・残業代の訴えなどでストライキを起こされる様な事も時にはあるでしょう。回収できない不良債権の発生、事業を運営していく上で沢山の契約書を作成する機会があると思いますが、書類に不備があった場合等は、後々、問題に発展しかねません。しかし、顧問弁護士がいれば、契約書の不備や不正によって生じるトラブルを未然に防ぐことができます。

 

タイでのスムーズなビジネス運営は、様々な問題が起きた時に、タイの法律やライセンスの問題をクリアしている必要があります。消費者からのクレームなどの不測の事態は付き物ですが、このような法的トラブルを未然に防ぐことが可能です。


顧問弁護士契約(バンコク都内のみ)は、企業様の規模や業務体系、ニーズに合わせた内容でのご契約が可能です。お見積りは無料です。お気軽にご相談下さい。

 

✉メールでのお問合せはこちら