タイで起業・会社設立をしたい!

タイでの起業は、一見簡単に見えますが、それほど簡単なものでもありません。外国人がタイでビジネスをするとなると、ビザやワークパーミットの取得は勿論、様々な経費が圧し掛かってきます。 選択する業務内容よっては競合も多く、日本の常識だけを持って進出してきてもタイの文化を知らないが上に従業員が育たない、すぐに辞めていってしまうなどの様々な問題点がクリアできないまま倒産に陥るケースも多くあるのが現状なのです。
タイ進出・会社を設立、いざ業務スタート!したと思ったら...ここはタイ。商品もアイデアもプランもいいのに、設立した会社をあっという間に倒産させてしまう方がいらっしゃいます。それらの原因とタイならではの意外な落とし穴とは? 、タイで起業する上で皆さんが直面しうる知っておくべき根本的問題について解説しています。
タイで起業、会社を設立されても多くの企業が失敗してしまう原因の一つに人材確保があります。確保はできてもタイ人社員の扱い方が問われています。どうしても日本式に管理したがる日本人と、それに適用しないタイ人との異文化摩擦をどう解決していくかが鍵となります。
タイへ進出し起業・会社設立登記の際に注意しなければならないタイの法規制について解説しています。各種ライセンスの取得や準備しておかなければならない書類、契約書が山ほどあります。それらが整わない状態での起業は、後々想定外の問題が起こることがあるので要注意です。
これからタイへの進出をお考えの方へ、起業までの流れや会社設立に関しての必要手続きの事項を解説しています。各手続きには順序と流れがあります。ビザや銀行口座開設、経費コスト少ない資本で起業する方法まで、無料相談を行っておりますので、お気軽にご相談ください。