タイで会社設立 (各種手続きと危機管理)に関する記事

タイに会社設立, 起業をしたが経営が立ち行かない,資金も底をついてしまった場合や日本へ撤退する場合においても, 決算をし,解散,会社閉鎖の手続きをして清算する必要があります。タイで会社の閉鎖手続き・清算をする際の必要なステップと決算や廃業手続きを怠った際のタイの刑法についても解説します。

タイで起業、会社を設立されても多くの企業が失敗してしまう原因の一つに人材確保があります。人材確保はできてもタイ人社員の扱い方が問われています。どうしても日本式に管理したがる日本人と、それに適用しないタイ人との異文化摩擦をどう解決していくかが、タイでの起業の成功の大きな鍵となります。

タイでの起業は、一見簡単に見えますが、それほど簡単なものでもありません。外国人がタイでビジネスをするとなると、ビザやワークパーミットの取得は勿論、様々な経費が圧し掛かってきます。 選択する業務内容よっては競合も多く、日本の常識だけを持って進出してきてもタイの文化を知らないが上に従業員が育たない、すぐに辞めていってしまうなどの様々な問題点がクリアできないまま倒産に陥るケースも多くあるのが現状なのです。

タイへ進出,会社を設立して業務スタート!したと思ったら...ここはタイなのです。商品もアイデアも事業計画もいいのに、せっかく設立した会社を1年足らずで倒産させてしまう方が多くいらっしゃいます。それらの原因とタイならではの意外な落とし穴とは?タイで起業をする上で皆さんが直面しうる知っておくべき根本的問題について解説しています。