カテゴリ:弁護士依頼



タイで問題が起きてしまった時やトラブルが発生してしまった時に、「弁護士に法律相談したい」「裁判になったら・・」という時に、気になる費用について解説しています。更に、日本の弁護士事情と異なるタイの弁護士事情についても触れていますので、是非、ご参考にしてください。

何を基準に弁護士を選ぶべきかの一つに弁護士費用(費用対効果)が重要な判断要素になると思います。弁護士を依頼される際の費用対効果とは、 経済的利益をを生み出したり、弁護士費用をかけたことによって、どのくらいの効果が期待できるのかを判断する必要があります。弁護士に債権回収をご依頼される場合、「費用倒れにならないか」「高額の弁護士費用を支払った結果、債権回収を依頼するメリットは小さいのではないか」という疑問や不安を抱かれるのではないかと思います。費用対効果を相談者に提示し考えるのも弁護士の仕事です。タイでの事件、問題解決の際の弁護士のご依頼の際は、是非、この費用対効果についてもご相談ください。

問題やトラブルが起きた際、法律事務所を訪れ法律相談をしっかり受けたり、弁護士依頼るをすることを考えずに、法律が絡むような問題を自力でなんとかしようとした際、どのようなデメリットやリスクが伴うのか、また、多くの場合、どのような結末になりがちか、纏めてみました。

タイでトラブルや問題を抱えてしまった際、弁護士に相談・解決の依頼するメリットとは何でしょう。これまで、多くの相談者を抱え、 法律相談を行ってきたタイ在住支援法律事務所から、弁護士介入した時のメリットと、弁護士を入れずに、自分で問題解決に当たるリスクやデメリットを解説します。

弁護士との法律相談や打ち合わせ段階で、依頼者が「自分自身に不利な点」や「恥ずかしいから言いたくない」という理由から、事実を隠したり、嘘をついたりということが結構あります。その結果、最悪の場合、とんでもない結末になってしまう事があるのですが、そんな事態を避ける為にも、ここでは、依頼者に取って良いことも悪いことも含め、弁護士が真実を知って受任を受けることの重要さと、それが依頼者の利益に繋がる理由にについて解説します。

タイで問題やトラブルを抱えて法律相談に訪れる日本人の中には、実は「とんでもない困った相談者」もいます。ここでは、弁護士が頭を抱える、その「困った相談者20のタイプ例」を見ながら、弁護士の思いや視点を踏まえ、法律家と依頼者が足並みを揃えて、より良い関係性を築くために、どのようにしていったらお互いのメリットになるかについて解説を入れていきます。

タイでのトラブルで、弁護士を入れて相手と交渉する際や裁判になった時いったいどれくらいの時間が掛かるのか? 交渉や裁判をする際に必要な一連の流れを説明するとともに、それに掛かる時間とその理由について解説します。