タイで起業!失敗しないための方法

タイ人女性、

 

主家の再興を願う戦国時代の武将山中鹿之助が、三日月に向かって「願わくば、我に七難八苦を与え給え」と願ったそうですが、本当は「今から三十日以内に我に武功を立てさせ給え」と願ったのだそうです。

 

 さて、タイで会社を起業し設立登記された方にとっては、「会社をすぐに軌道に乗せたい」と鹿之助の心境よろしく日々刻苦勉励されていることと思いますが、失敗しないための起業方法について少し考えてみましょう。

 

 会社設立後に最も重要なことは、人材の確保です。

 

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」とは、武田信玄の有名な言葉です。どれだけ堅固な城でも、人の心が離れてしまえば国さえ滅んでしまう。人は情を持って接すれば城以上に国を守ってくれるが、人に仇をなせば裏切られるという意味です。

 

 人材の集め方としては、求人のWEBサイトに登録したり人材会社に頼んだり従業員の友人を紹介してもらうなどが一般的です。ですが、苦労の末に雇った従業員もタイの場合、容易に辞めてしまうことが多々あります。

 

 一極集中のバンコックは、田舎から働きに来ている人が多く、ダメなら田舎に帰ればなんとかなると考えている人が多いようです。あるいは、ある程度日系企業で働いて能力アップしたところで、より給料の良い会社にあっさり転職してしまいます。

 

 また、雇用する企業側でも終身雇用を考えていないことも原因としてあるかもしれません。いつ辞めるかもしれない従業員に、手厚い福利厚生や教育にコストをかけたくない気持ちもあるでしょう。

 

 しかし、優秀な人材には「辞めずにずっと居てもらえるようにするにはどうするか」を考えておかねばなりません。

 

 「最低賃金のアップ」「手当を増やす」「プレゼントをする」「日本へのご褒美旅行」「社員旅行を企画する」・・・・などなど色々ありますが、タイ人は居心地が良ければそう簡単には辞めません。

 

人間関係を含めたタイ人にとってサバイな環境をいかに創るかに腐心すべきです。

 

 ここで、今日はコーヒーではなく紅茶ブレークしましょう。

タイ語で普通のお茶はチャーですが、紅茶はチャー ファランと言います。

 

フランス人のことを「フランセ=ファランセ」と呼びますが、白人全般を「ファラン」という由来はここから来ているようです。要するに舶来のお茶ということでしょうか?

 

 一息つきながら、会社運営で起こりうる様々な雇用や法律に関する問題に対して気軽に相談にのってもらえるホームドクターならぬホーム弁護士をそろそろお考えになられてみてはいかがでしょうか?経験豊富なタイ人弁護士がご相談に応じさせていただきます。

 

 

 お問い合わせは、日本語でOKです。お気軽にお問合せください。