タイでの起業・進出には意外な所に落とし穴

タイ、バンコク、街並み、


 「和僑」という言葉を目にしたり耳にすることが多くなりました。アジアを拠点として活躍する日本人企業家が一般化した証拠と言えるでしょう

 

 閉塞した日本社会を飛び出し、海外への進出起業を夢見る。その進出先として人気なのがタイ、バンコクです。夢を夢で終わらせない為に、タイで失敗しないための起業のポイントを挙げてみます

 

1.タイに精通する

2.信頼できるパートナーと組む

3.有能な弁護士・コンサルタントを探す

 

 1.のタイに精通する、これは、従業員となるタイ人の考え方や気質を尊重し理解することからタイ社会にまで精通する、ということです

 タイ人はおおらかで細かいことを気にしない傾向があります。それがいい方向に向くこともあれば悪い方向に進んでしまうこともありますので、雇用側は管理・監視をしっかり行う必要があります。その際、人前で怒るなど(タイ人にとっては最大級の屈辱です。)、管理・監視の際にも気を付けるべき点があることを知っておくことが、タイ人と良好な関係を保つために大切です

 

 タイ社会に目を向けると、そこでは日本の常識が通らないことが多々あるでしょう。日本よりも贈収賄が横行しコネがよく効く社会です。純粋な資本主義のもとに純粋な競争がされていないこともあり、その辺りの事情を理解していないと、ストレスの原因になりかねません。また、納得しかねる場面に出くわしても、冷静に対応することも大切です。冷静であることは、タイでは人格者の大事な要素です

 

 このように、タイ人の考え方や気質から社会事情に至るまで、タイに精通することは重要なポイントと言えるでしょう

 

 2.の信頼できるパートナーは、特にタイではキーポイントとなります。会社設立時の資本が少なくて済む為、共同出資者探しはさほど困難ではないでしょう。ですが、簡単に話しに乗ってくる分、突然出資を打ち切られたり、実は仕事上当てにならない人物であったなど、会社設立後のトラブルはよく起こります。パートナー選びは慎重に行いましょう

 

 3.の有能な弁護士・コンサルタントを探すことは、起業の失敗を回避するために最も大切なことです。ビジネスのアイデアがまとまったら、まずはコンサルタントに起業相談することをおすすめします。弁護士に法律相談も併せて行うとよいでしょう。

会社の設立登記の後は、労働許可証・ビジネスビザ取得へと進みますが、ここで半年も時間がかかってしまった、という話もよくあります。経験豊かな専門家に依頼すれば、最速での業務開始が可能となります。無事業務開始に漕ぎ着けた後も、様々なトラブルが待ち受けています。そういった場合のコンサルタントは欠かせないでしょう

 

弊社では、日本人のタイへの新規起業・進出で失敗しないために、様々な角度から綿密なビジネスプランを立て、会社設立登記だけではなく、タイでのビジネス上において重要な各項目をチェックしながら支援していく起業・経営コンサルタントを行っております。是非、お気軽にご相談ください。