タイで働き暮らしていく上で注意したい事

タイ、バンコク

 

タイで働きながら生活をしていく上で直面する様々な問題について解説します

 

  休暇などでタイを何度か訪れるうちに、いつかタイに住みたい、タイで働きたいと思う方は結構おられます。度重なる渡航ですっかりタイ通になったような気にもなるでしょう。しかし、休暇で滞在するのと職を得て住むのとでは当然のことながら実際に思う以上に差があります。海外で働くというのは思いのほかハードルが高いものです。

 

一番の問題はやはりビザでしょう。

これはタイに滞在する以上常に付きまとう問題です。そしてタイ国内で就労するにはビジネスビザとは別にワークパーミットが必要になります。ご自身もそれなりのスキルを持っていない限り、よほど条件のいい企業で上記2点を支給してくれるような所に就職するのは難しいと言えます。

 

 そして、タイはタイ人の国であって私たち日本人は外国人だということは忘れてはなりません。

 

どの企業に勤めたとしてもタイ人はいますし、顧客も日本人ばかりではなかったりします。コミュニケーション不足に陥ったり齟齬が生じたりは仕方がないこともありますが、やはり自ら彼らと打ち解けて分からないことは素直に教えを乞うことで、回避できるものは回避する努力が必要でしょう。

 

 また、これはタイ以外でも日本人は金銭トラブルに巻き込まれやすい傾向にあります。大きなお金の貸し借りは日本人同士でもしないですよね。

 

現地の人が、それが我が国のやり方だなどと言っても、そんなことは決してありません。貸したお金が戻ってこなかったりしても安易に警察に届けるわけにもいかず泣き寝入りということにもなりかねません。

 

 日本人が詐欺に遭うケースは毎年のように報告されています。

逆に訴えられて裁判になることもあり、タイ語を自由に操れない限り弁護士との意思疎通もままならず、裁判で不利な立場に立たされたりもします。日本を振り返れば分かるように、法律は基本的に自国民を守るようにできています。

 

 最後に、タイは日本にとても近しい国です。バンコク以外でも和食店が増えつつあります。

彼らの日本に対する憧れと尊敬を踏みにじらないよう、私たちは心すべきでしょう。そしてタイ人は誇り高く信仰に篤く、したたかです。そこから学ぶべきものは私たちにも多くあります。

 

お互いに認め合い高めあっていこうという気持ちが一番大切なのではないでしょうか。

 

タイで生活する上で、起こり得る様々な問題を最初から注意しておくのが無難でしょう。

それでも万が一、法律に関する問題が起きた時は、是非、お早めにご相談ください。