タイで気をつけなくてはならない犯罪被害

日本人女性、タイ、街並み、

 

タイは世界的に見ても比較的治安もよく安全な国ですが、日本のように安全の上に安全を重ねたようなものではなく、一歩間違えば思いもよらぬ犯罪に遭ってしまう危険を常にはらんでいます。

 

ことさらに気を張ってばかりいる必要はありませんが、日本人が遭いやすい犯罪についてお話ししましょう。

 

タイで日本人が被害に遭うのは、たいてい軽犯罪に属するものです。殺人や強盗もありますが、被害総数に比しては少数です。

 

特に多いのが、観光客が多いエリアでの「見せ金詐欺」。

コンビニやスーパーで中東・インド系の男が近寄ってきて、何らかの形で現金を見せてくれと言ってきます。相手も外貨を持っていて、両替をして欲しいというのが良くある事例です。この際、相手は陳列棚の陰などに誘おうとします。対策としては相手にしないことです。絶対に財布を見せたりしてはいけません。

 

悲しいことに詐欺に関しては日本人が日本人を騙すという事例が多く報告されています。

国外逃亡中の日本の暴力団関係者が背後にいるケースもあるらしく、私たちの同胞心理を言葉巧みについてきます。タイで起業したばかりの人などが狙われ易いとも言われています。

 

そしてやはりスリには注意が必要です。特にバスの中や、長距離バスの預け荷物には、貴重品を絶対に入れてはいけません。多額の現金や貴重品は荷物の中ほど(底だと、悪質な場合バッグを切られたりということもあるようです)にしまうこと、バックパックなどは背負わずに前にかける等、人混みでは所持品は常に目視確認できるようにしておくのがベストです。

 

ひったくりも外国人タイ人に関わらず被害の多い事件の一つです。二人乗りバイクで追い抜きざまにバッグ等を奪い去るというものです。最近ではバンコクの屋台が激減したこともあり、都心でも通りが暗くなっています。夜間の外出は極力避け、人通りの多い時間に用事は済ませておくのがいいでしょう。

 

また、特に女性は性犯罪にも注意が必要です。

一人でタクシーに乗るときはタイ人でもトラブル防止のため携帯電話の録画機能をオンにする人もいるくらいです。特に夜間の一人乗車は気を付けてください。

 

日本人が被害に遭いやすいのは、自国の治安が良すぎることが挙げられます。海外では、それが欧米諸国でも自らの身は自分で守るくらいの構えでないと、そこかしこに危険が潜んでいます。異国の地でも、日本で普段怠らない注意を払ってさえいれば避けられる犯罪も多いです。

 

 

それでもなお被害に遭ってしまったとき、あるいは遭いそうなときのために警察などの緊急連絡先は知っておくべきでしょう。

 

 

万が一被害に遭ってしまった時は、お気軽にご連絡ください。

 

緊急レスキュー24時間 091-068-8203 (日本語でどうぞ)