その警察官は本物 ⁉ 偽警官への対策

パトカー、警察車両、

 

タイでは警察グッズ(警察手帳、警察ヘルメット、警察制服等々)が売ってる。しかも、本物。

 

外国人が珍しいお土産ということで買っていくこともあるようだ。

 

タイではこういった制服などを身につけることが、基本的には違法にならない。とはいえ、厳密には身に着けるだけで違法になるグッズもあるそうで、そこは購入する際に確認が必要。

 

なぜこんなことを紹介するかというと、
昔、警察の格好をしたタイ人のパトカーに乗せさせられそうになったことがあるからだ。
が、これが実は詐欺だった。

 

タイでは外国人は原則として、パスポート原本を携帯することが義務付けられている。

だから、時々、警察官から声をかけられて、パスポートの提示を求められることもあるようだ。

 

タイは、現在軍事政権下、テロの発生等で身分確認が厳格になっている。

なので、身元確認が取れない場合、最悪身柄を拘束されてしまうこともあるようだ。

 

だが、私が上記の詐欺にあったのはまだ軍事政権になる前の話。

しかも、かなり怪しいシチュエーションだった。

 

声をかけられたのはバンコクにある会社の前。

日本人の駐在員さんと近くの屋台でお昼を食べた帰り、道路に一台のパトカーが止まっていた。

 

そのパトカーの傍に立っていたサングラスの警官。

「何人(なにじん)だ?中国人か?パスポートを見せなさい。」と、英語で声をかけられた。

 

「パスポートは今、会社の総務に預けているから手元にありません。」と、タイ語で返すも、

 

「外人はパスポートを身につけていないといけない。パスポートを提示できないのであれば、身元を確認するからパトカーに乗りなさい。」と、なぜか英語で返された。

 

「うちの会社は直ぐそこなんです。パスポートは総務が持っているから必要なら会社に確認してください。」と、そうタイ語で切り返すも

 

相手の警察官は変わらず英語で「とにかくパトカーに乗りなさい」と、かなり強引。

 

そこにちょうどタイ人の同僚が通りかかり、その警察官(の格好をした人)に説明してもらった。

(説明した内容は私がさっき言った内容と全く同じだったけど)

 

「次からはちゃんとパスポート携帯するように。」

そう強めに言い残し、パトカーでその警察官は去っていった。

 

一緒にいた日本人男性はタイに来て間もない人だったから、タイの事情はよくわからないだろうし、場合によっちゃ、パトカーに乗り込んでたかもしれない。それが偽者だった場合を考えるとぞっとする。

 

警察の制服、警察手帳、近くにパトカー。

こんな出で立ちで声をかけられたら、たいていの日本人は信用してしまうだろう。

が・・、本物の警察であれば、パスポートの不所持だけで、あそこまで強引ではないらしい。

 

現在でも、警察官を装ったケース別の「罰金詐欺」の報告も多く寄せられている為、警察官と思われる人に声を掛けられた時は、その警察が本物なのか偽物なのかの判断には注意が必要だ。

 

偽警察官対策として、ある程度タイ語か英語が出来る人であれば、その場でその人の警察番号と電話番号を提示してもらって、こちらからしかるべきところに連絡して確認する、という手をとってもいいと思う。

 

もしくは近くにいる誰かに目撃者になってもらうようお願いする、ということも出来ると思う。

 

また、色々と事情があって、パスポート原本を手元に持っていない人もいらっしゃると思うが、パスポートコピーはいつも携帯するようにお薦めする。

 

そして、たとえ警察の格好をしていても、簡単にパトカーには乗らないことだ。