未婚のタイ人男性と日本人女性の間に生まれた子供の親権について

日本人女性、タイ、

 

 弊社のクライアント様の中に、タイ人との内縁関係の間に生まれたお子さんのことで悩んでらっしゃる日本人女性が相談に見えることがあります。多くは、子供のパスポートの更新やタビヤーンが必要になったときに、別れたタイ人男性に連絡をせざる負えないことから、その関係が切るに切れないと言う理由から悩んでいるケースです。

 

その中でも、1番によくあるご質問は、

「二重国籍の子供に国選択を日本に直ぐにさせたいのですが、できますか?」 というものです。これにつきましては、残念ながら、タイの法律では、お子さんが20歳を超えるまではできません。

それなので、他の方法での解決策をここではお話ししたいと思います。

入籍していないタイ人男性と日本人女性の間に生まれた子供の親権の在り方について説明していきます。まず、お子さんが生まれた時に何をしたかによって、後々の親権の在り方が変わってきますので、まずは、下記の2つ項目をチェックしてください。

 

  1. 出産時、息子さんのお父さんは病院で、サイン(父親である承認)をしましたか?
  2. タイ群役場へ認知届を提出しましたか?

 

1. についてですが、病院での父親承認(タイ人男性のサイン)は、タイの法律(マーター1546)によって、法的効力をもちませんので「母親だけの単独親権」になります。

 

タイ人男性の病院でのサインによって、お子さんがタイ人とのハーフであることが承認され、病院からの出産証明によってタイの群役場へ出生証明を届け出て、タイ人男性のタビヤーンバーンへお子さんの名前を登記することまでを含め、男性側には法的親権はありません。

 

※ タビヤーンバーンは日本の戸籍、それとは違い、家族ではない他人であろうが名前を入れることができます。タビヤーンバーンについては、後に説明します。

タイ人男性側に法的親権が無いと言いましたが、しかし、「未入籍で生まれた子の親権は、一部の理由(マーター1566)事項に当てはまらない限り」 というものがあります。マーター1566とは、下記のようなものです。



母親が、行方不明である
母親が、歩行が不可能なほどの身体状態である
母親が、精神病患者である
母親に子供を養う金銭または場所がない・・・

上記の内容がクリアされている限りは、日本人女性の単独親権になります。



次に、2. について見ていきましょう。

 

タイ群役場へ認知届(เซ็นรับรองบุตร)を提出した場合は、タイ人男性との共同親権になり、父親にも親権の権利があることになってしまいます。出していない場合は、母親だけの「単独親権」です。

ここで注意が必要なのは、認知届(เซ็นรับรองบุตร)と、出生届は(สูติบัตร)は別のものであると言うことです。基本、結婚という形で責任も持てないタイ人男性の多くが、認知届(เซ็นรับรองบุตร)を提出することは考えづらいという現実があります。

 

出生届は(สูติบัตร)は、タイ人男性1人でも届け出が可能です。このときの出生届(สูติบัตร)を元にタイ国籍が付与され、)タビヤーンバーンに子供の名前を登記することも可能になり、タイ国籍のパスポートを持つことができます。

 

しかし、認知届(เซ็นรับรองบุตร)については、タイ人男性一人だけでは届け出ることはできないので、必ず日本人女性も一緒に立ち合いで届け出する必要があります。

 

万が一、出生時に認知届(เซ็นรับรองบุตร)を一緒に提出してしまい、現時点で相手のタイ人男性との関係を切りたい、または別れてはいるが、しがらみをサッパリ切りたいという日本人女性の方は、それなりの理由(タイ人男性が養育費を一切払わない・父親としての責任範囲の生活費を払わない等)がある場合については、調停に置いて単独親権を決定することも可能です。

※こちらについては、別途ご相談可能です。



では、その様な状況の中、実際に弊社へ相談に来られる日本人女性の多くは、1. 2. の項目がクリアされている場合でも、タイ人男性側のタビヤーンバーンにお子さんの名前が入っている為に「単独親権」なのか「共同親権」なのか、分からないまま悩まれている方が多いように思います。

 

ここからタビヤーンバーンについてお話していきます。

 

先程も述べましたが、タビヤーンバーンはタイ人でも実家などに持ち家がない場合は、賃貸している建物の大家さんのタビヤーンバーンに入っていたりします。

 

それなので、別れたタイ人男性のタビヤーンバーンから、お子さんだけ、別のタビヤーンバーンへの移転をお考えのお母さんは、まず、タイで住んでいる部屋の大家さんのタビヤーンバーンに入れてもらうことをお考えになられたらいいと思います。(法的に、大家さんはそれを断ることはできません)



そこで、子供の父親に移転の承認を貰う必要があるか?という、不安のご質問についてもお答えしておきますと、安心してください、父親の承認は要りません。



18歳未満のタビヤーンバーン移動は父親または母親と法律上はなっているので、下記を持参の上、お母さんだけで移転が可能です。



《お母さんが準備するもの》

お子さんの母親である証明書(パスポートや病院からの出生証明、出生届(สูติบัตร))

息子さんのパスポート(お子さんも一緒に登録先へ行く必要があります。)

現在は
昔と違い、転出・転入とも同じ場所で同時にできるので、父親の登録場所へ出向く必要はなく、新しく転入させていただける方(例えば、現住所の大家さん、またはその方の代理でも可)と一緒に、その方の登録先へ行っていただき、そこで転出・転入とも両方同時に行うことができます。

《転入先のタビヤーンバーンの持ち主が用意するもの》

IDカード

タビヤーンバーン

書類(หนังสือยินยอมให้แจ้งย้ายเข้าของเจ้าของบ้านที่อยู่ใหม่

以上がタビヤーンバーン移動の流れと必要書類になりますが、タビヤーンバーンの移転はそれほど難しいものではありません。しかし、悩んでいる日本人女性の中には、お子さんとその父親がタビヤーンバーンで繋がりがあるが為に、タビヤーンバーンが必要になった時に、別れたそのタイ人男性に連絡をする度にお金を要求されたりして、困っている方もいらっしゃいます。

 

こちらを参考にしていただき、早い所スッキリしちゃいましょう。

大家さん等が面倒がって行きたがらない場合は、代行で弊社が同行することも可能です。