ブログカテゴリ:注意喚起



タイのスワンナプーム空港やドンムアン国際空港へ到着した時に、免税品、特にタバコやアルコール類の規定量オーバーで超過課税料を徴収される日本人が後を絶ちません。時には15万バーツもを徴収された事例まであります。事例と併せて「免税品購入後に気を付けておくこと」を解説します。
タイで車やバイクを乗られる方は注意!いざという時、あなたの保険は大丈夫ですか?ご自分のかけている任意保険はどこの会社か把握していますか? タイでは、保険請負業者や保険の外交員の保険料着服が多く見られます。自賠責保険加入時の注意点と騙されない為の予防と対策について解説します。
タイ・バンコクで実際に起きた店舗物件のとんでもないトラブルの事案を例に、書面での取り交わしや契約書の重要性と、被害に遭わない為の注意点について、更に被害者になりやすい人の特徴と共通点についても解説する。
タイで商取引をする際や取引先がタイ企業の場合などでも、まだまだ小切手を切って支払いをしている企業も多く、そうした企業との商取引や決済の際に一歩間違うと「入金がされない」問題が起きてしまうことがあります。 ここでは、タイでの商取引や決済で小切手を切る場合の注意点と2つの原則について解説します。
タイのバンコク商業エリアでの商用物件や店舗の賃貸契約で、家主や仲介業者とのトラブルが絶えません。契約内容が完璧だと思っていても、思わぬところで事件は起きます。少しでも被害を少なくするには、契約書内容に更に補足事項を付け加えて貰ったり、特約を付けて貰うなどの事前措置が必要です。では、実際にどの様なトラブルが起きているのでしょうか。
タイでの薬物使用・所持で実際に逮捕されるまでの例と伴にタイの法律面にも触れていきます。 タイに来る旅行者やバックパッカーに人気のバンコクのカオサン通り(Khaosan road)。昔は、バックパッカーの聖地とも呼ばれていたが、最近は随分と昔とは雰囲気が変わってしまったが、昔も今も薬物が横行し、麻薬常習者や逮捕者が絶えない現実がある。
タイ、特にバンコクでは軍事政権下になった現在でも「偽警察官」によっての金銭要求(罰金詐欺)が、未だ無くなっていない。法律規制の変化と伴に、その詐欺の形も時代によって変化している。では、実際に偽警察官に遭遇した時には、どのような対策を取ったらいいのだろか。
タイで交通事故に遭ってしまった時の警察の事情聴取(調書)をとる場面での注意点を解説します。 一歩間違えると、後々の損害賠償(慰謝料)請求や病院代が受け取れない事態になってしまいますので、万が一の時は、参考にしていただきご対応下さい。
タイでも、時代とともに犯罪や詐欺の手口が年々変わってきています。特にここでは、タイで不動産投資を考えておられる方や、現地に密着して生活されている方、ロングスティビザでタイに在住されている高齢者などに起こり得る詐欺犯罪の手口について触れていきます。
旅先でフレンドリーなタイ人に声を掛けられたり、タイへ移住してきて間もないのに、誰かに気さくに声を掛けられるということは、とても嬉しいことでしょう。現地のタイ人との触れ合いは、少しずつタイに精通したような気分になったり、現地の友達ができた気でいい気分にもなるでしょう。 しかし、そのことによって日本人被害者が後を絶たないという現実があります。 特にタイに初めて来る旅行者や、タイに住んでまだ日が浅い人に起こりやすい被害の共通点は、「騙す相手から声を掛けてくる、寄ってくる」です。 微笑みの国タイは、実はそう簡単には微笑みません。では、何をもって微笑んでいるのでしょうか。

さらに表示する