ブログカテゴリ:タイの法律



お金を貸す際の金銭消費貸借契約書(借用書)を交わす重要性と時効について解説します。日本人男性の多くの人の中には、知り合ったタイ人女性から「お金を貸して欲しい」と頼まれたことがある方も多いかと思います。その際に大切になるのが金銭消費貸借契約書(借用書)の取り交わしです。借用書がないなんて論外ですが、あっても、いい加減に作成された借用書では無効になってしまいます。
タイでタイ人従業員にワーニングレター(警告書)を発行したが、就業規則に違反したタイ人従業員は違反を認めずサインをしない。この場合、泣き寝入りしないために企業側はどのような措置を取ったらいいのか?タイにある某企業の実例と、ワーニングレター(警告書)についてタイの労働法を解説する。
タイで亡くなったAさんの事例から、タイでの遺産整理や遺言執行について解説する。最近では、タイでの投資や財産を保有、また、日本から移住して来て生涯を終える日本人も多いのだが、タイに不動産や財産を所有していて、自分が亡くなった後、残された家族や遺産相続人はどのような手続きを踏む必要があるのか?