お金を貸す際の金銭消費貸借契約書(借用書)を交わす重要性と時効について解説します。日本人男性の多くの人の中には、知り合ったタイ人女性から「お金を貸して欲しい」と頼まれたことがある方も多いかと思います。その際に大切になるのが金銭消費貸借契約書(借用書)の取り交わしです。借用書がないなんて論外ですが、あっても、いい加減に作成された借用書では無効になってしまいます。
タイでタイ人従業員にワーニングレター(警告書)を発行したが、就業規則に違反したタイ人従業員は違反を認めずサインをしない。この場合、泣き寝入りしないために企業側はどのような措置を取ったらいいのか?タイにある某企業の実例と、ワーニングレター(警告書)についてタイの労働法を解説する。
タイで働くと日本では到底考えられない様なことが社内で起きます。特にタイ人同士の個人間のトラブルや家族の問題までもが、会社に持ち込まれるのです。そんなタイで会社の経営を守っていかなければならない管理者たちは本当に大変です。ここでは、裁判まで発展してしまったタイの某会社での事例をご紹介します。
タイで亡くなったAさんの事例から、タイでの遺産整理や遺言執行について解説する。最近では、タイでの投資や財産を保有、また、日本から移住して来て生涯を終える日本人も多いのだが、タイに不動産や財産を所有していて、自分が亡くなった後、残された家族や遺産相続人はどのような手続きを踏む必要があるのか?
タイに住む日本人やバンコクの歓楽街で遊びタイ旅行から帰国した日本人の中には、「何かおかしい!?」と性病検査に駆け込む人も多いと言われますが、タイはエイズをはじめとする多くの性病が蔓延しています。そんな性病を移した移されたで慰謝料請求をされたHさんの事例と伴に「性病感染に関する慰謝料」について法解説します。
タイ・バンコクの路上で声を掛けてくるストリート詐欺の被害者は、毎年、詐欺師らの様々な新しい手口により被害者が後をたちません。このストーリーは、トンロー駅付近で、ある日本人男性が実際に経験した美人外国人から受けた詐欺被害です。
タイで会社を設立したり、現地で働く場合は、タイ語の契約書にサインをする場面も多いかと思いますが、内容を理解せずに安心しきってサインをしてしまう行為の危険性について解説します。ある日本人男性は、その行為により、まんまと乗せられてしまい、タイ警察に連行されていきました。
タイに90日以上続けて滞在する長期滞在者は「90日レポート」の提出が義務付けられていますが、更新の際にイミグレーションで足止めをされるケースが増えているので注意が必要です。政権が変わってからというもの、入国管理局のチェックはますます厳しくなってきています。
タイのバンコクでは、特にここ数年、店員やツアーガイドになりすましたタイ人により、居酒屋等において日本人の宴会の場を狙った詐欺被害が多く寄せられている。詐欺師は店に入り込み、団体客が店に支払うべき飲食代を騙し取る。ここではその詐欺の手口の一例と店と団体客の一部始終をご紹介する。  
日本人男性Yさんは、タイでパートナー探しをするソーシャルネットワークで素敵な日本人女性と知り合った。何度か会ううちに、30万バーツの支援の話を持ち掛けられ、彼女を助けるため支援を行い心を掴もうとするのだが…。

さらに表示する